「脱占領時代の対中政策」が出版されました。

更新日:2012.12.3

img038

「脱占領時代の対中政策」が出版されました。

早稲田大学政治経済学術院教授 山本武彦

日中関係は政治・経済の両面において冷え込み、いわば「政冷経冷」の寒々とした環境に今も立ちすくむ。危機管理の失敗の帰結、というほかない。国家百年の大計に誤り無きを期するためにも、ぜひとも本書で書き出された1950年代の日本が直面していた桎梏を今一度学びとりたいものである。

衆議院議員 鹿野道彦

今度の日中関係をより良いものにするためにも、戦後の日本と中国がどのような関係を築いてきたかを紐解くことは欠かせない。これは今まさに読まなければならない一冊だ。

衆議院議員 篠原 孝

小山君が若い頃から勉強熱心で、世界を見る広い目を持っていたことがよくわかった。これからも日本のために一緒に働きましょう。

LINEで送る
Pocket